フィリピン vs ネイティブのレベル

フィリピン講師のレベル


はっきり言ってしまうと、フィリピン人講師のレベルというのは

■ピンキリ

です。

どのサービスでも、
「いい先生」もいれば「悪い先生」もいる。。

こんな認識で間違いないでしょう。。

なので「いい先生を探す」という作業がどうしても
必要になる。。

これは、避けて通れない道です。


ただ、僕がお世話になっている ⇒リアル英会話
関しては、小規模ながら人選や教育をキッチリしていますので
大きく「ハズレ」な講師はいないと思います。

いい先生を探す苦労をせずに済むといえば、
僕がオススメできるのは現段階ではここだけでしょうか。。


ネイティブ講師のレベル


「じゃあ、ネイティブだったら大丈夫か?」

と言えば、そうでもありません。。

正直、ネイティブ講師のレベルも「ピンキリ」になります。

憶測ですが そんなに高い給料ももらっていないケースが
多いと思います。

家庭教師をするより安い給料でもネット英会話で働く。。

それについて少し考えてみれば、
なんとなく「講師像」も浮かんでくるのではないでしょうか。。

あと「しゃべれる」ことと「教える」ことは
違います。

  • ビギナークラスなのに、超高速でしゃべるアメリカ人先生
  • 文法の間違いに「異常に厳しい」カナダの先生

に授業を受けたことがあります。

グループレッスンだったのですが、かなりの生徒が
固まってました。

(もちろん、僕もです。。^^;)


ただし、単純に言うと
「フィリピンの先生100人」と「ネイティブの先生100人」を
純粋に比べたら、それは後者のレベルが高いと
思います。

そんな感じですね。。


そもそもネット英会話って?


ここで、思いっきり「そもそも論」を言ってしまいますが、
僕は、

■ネット英会話だけで英会話の勉強をすべきでない

と考えています。


ザックリなんですが全体の「30%」くらいの時間を
ネット英会話にあてるくらいでいいんじゃないでしょうか。。

その他は、

  • リスニングをする
  • 暗唱をする
  • 独り言をつぶやく
  • ペーパーバックを読む
  • レッスンの復習をする(教えられたことが正しいかもチェック)

これらに当てるべきだと思ってます。


そういう意味では、初級~中級者までは
「フィリピンで全然問題ないんじゃないの?」
と思っています。


では、次に「口コミは当てにならない」ということについて
お話ししていきますね。。

⇒ 口コミを信じるな!