アメリカのネイティブと初で!

アメリカの人とレッスンをしてみよう!


1ヶ月間の潜入体験中のベストティーチャー。。

講師はいろいろな国の人が
チョイスされています。

クリスマス前後は
アメリカの人はいなかったんですが、
その後は、ポツポツと
アメリカの人も見かけるように
なりました。

「よし!いっちょ
 やってみるか!」


というコトで、
ついに憧れのアメリカ人と
初のマンツーマンレッスンを
することに。。^^

最初のお相手は。。

Wes先生!

Wes先生のプロフィール画像

今は、エクアドルのキトという
所に住んでるらしいんですが、
もともと、アメリカのイリノイ州出身の
バリバリのネイティブです。^^

しかし、スタッフからのコメントで

「ゆっくり話してくれるので
 初心者の人にもオススメです。」

と書かれていたので、
少し安心しました。

なぜかトラブルが続く。。^^;


。。で、当日。

準備を完璧にして、
コールを待っていました。

「Hello.
 Are you ready?」

Wes先生は、
最初にチャットボックスで
こちらの状況を確認してくれました。。

ジェントルマンだ。。

もちろん!
準備できてますとも!

Yes, I'm ready now.

と打ち込むと、
かかってきました!

。。なんと
ここでミス!


緊張のせいか、
思わず、スカイプの「切る」
ボタンを押してしまった。。^^;

(具体的に言うと、
 カーソルが滑った感じです。。)

???

You hung up

。。先生は、呆然と
している感じ。。^^;

あわてて、
「ミスって、切ってしまいました」
と送ると、
もう一回かけなおしてくれました。

今度は ちゃんと「通話」を
押して。。と。。

つながった瞬間、携帯が!

。。あ~あ、
マナーモードにしておくの
忘れてたな。。

「携帯が鳴っているようですが。。」

見てみると知らない番号から。。

「あ、いいです、ノー・プロブレムです。。」

。。て、感じで
せっかくのネイティブとの
初マンツーマンレッスンは、
バタバタとした状態からの
スタートになってしまいました。。^^;

ネイティブとのレッスンの内容


スタッフのコメント通り、
Wes先生は、とてもゆっくりと
話してくれる先生でした。

声は、メチャクチャ渋い感じです。

ネイティブにありがちと言われる
音の消失などは、ほとんどなく
逆に細かい部分まできっちり発音している
感じ。。

しかも、なぜか
生活音やノイズがほとんど聞こえず
「防音室」から話しているかのよう。。

昔、よく聴いていた
イングリッシュ・アドベンチャーの
ドリッピーを思い出しました。^^;

Wes先生は、全体的に
物静かなイメージですが、
たまに お茶目な一面を見せる、
そんな感じの先生でした。

  1. なぜ、英語を勉強しているか
  2. 先生の自己紹介
  3. 日々新の自己紹介
  4. スクリプトの読み合わせ

という感じで、
。。ま、一般的な
流れでレッスンは進んでいきました。。

Wes先生とのスカイプレッスンの風景

そして、ここから。。

発音の練習になりました。

「r」と「v」の発音が
できていないというコトで。。

いくつかの単語を
くりかえし発音しました。

Wes先生は、発音に対して
けっこう厳しいようで、、

「今のって、
 けっこう うまく発音できたんじゃ。。」

と思っていても、

「少し良くなったが、まだだな。。」

となかなかエクセレントは
もらえませんでした。。^^;

そして、この発音の練習を
している時、なぜか
Wes先生は けっこう楽しそうでした。。^^

。。そして、それから
Wes先生は、スクリプトに
関連する言葉を教えてくれました。


その日のテーマは
「自炊」だったんですが。。

(日々新には
 ピッタリのトピックでした。^^;)

電子レンジで
じゃがいもをチンするというのが
なかなか表現ができなくて、、、

そこで、先生は、
「a microwaved potato」という
言葉を教えてくれました。

なるほど!

これで通じるわけね。。

と、これは目から
ウロコでした。。^^

さらに、TV dinnerと
いうのもあるよ。。

と教えてくれました。

⇒ TV dinner のwikiペディアの説明

ほう。。こんな言葉も
あるんだな。。

。。でも、日本なら
コンビニ弁当が
やっぱりメジャーかな。。

とか、そういう話しを
しました。。

そんな感じで
スタートはバタついたんですが、
わりと楽しくレッスンを
受けることができました。^^

。。ひとつ残念だったのが、
途中から
通信が悪くなっていったコトですね。。

最初は良好だったんですが、
ちょっとずつ、プツプツと
細かく途切れるようになり。。

わりと長い間
途切れたりもしました。

Wes先生は渋い声で、

「これがインターネットの限界だ。。

 仕方がない。。」

と言ったのには
妙な説得力がありましたが。。

。。てな感じで
日々新のアメリカン・ネイティブとの
初マンツーマンは、わりといい感じで
終わりました。^^

その他のネイティブ先生たち


その後にも、比較的
空いていれば、

  • アメリカ
  • カナダ

のネイティブの人と
(カナダの人はネイティブと
 呼んでいいのか分かりませんが。。)
スカイプレッスンを楽しみました。^^

Wes先生のように通信が
悪くなることも それほど
なかったですし、

めちゃくちゃ発音が
リエゾンや消失が多くて
聞き取りにくいということも
なかったです。

(ま、もちろん
 先生の方が気を使って
 そうしてくれていると
 思いますが。。)

。。ていうか、
「別にこだわること
 ないかな~」
っていうのが
正直な感想ですね。。

。。でも、
TV dinner みたいな
文化とかを教えてもらうと

「お~、さすがUSAだな。。」

って、なんか
アメリカの人と情報交換を
できた変な喜びを感じますね。。^^


。。すいません、
ミーハーなもので。。^^;

では、次のページでも
別の新しい試みをしてみますね。。

⇒(特殊なレッスンってどうやるの?)へ続く


⇒ 【特集記事】300ページ以上オンライン英会話の記事を書いてきた僕の結論