英語の楽しさに目覚める

英会話の楽しさを知る


だんだん英語で話すことが楽しくなってくると、
どんどん 積極的に
しゃべるようになっていきました。


。。ま、仕事の話しとかが
多いですけど。。^^;

普段あまり他人に話すことができないことを
話すという、

「それって単に話し相手がほしいだけじゃ?」

みたいな感じでやり出しました。

でも、同じ話しでも英語で通じると
何かうれしい。。。

「おもしろい話しをまた聞かせてね。」

と言われるとさらにうれしいワケです。^^

ただ、オタッキーな内容だと、
あまり聞いてくれない講師もいます。

「さ、レッスン始めましょう。。」

とスカされたりして。。^^;

でも、そうやって くりかえしているうちに
気が合う講師、合わない講師みたいな
感じで分かれてきて、
その優先順位で選ぶようになってきました。


英会話を単純化するコツ


そんなこんなで、レッスンを重ねていくうちに

「なるほど、英文を瞬時にヒネり出す
 練習をくりかえすというのは、こういうことか。。」


と思うようになってきました。

あと、ヒネり出しにくいモノも
分かるようになってきました。

例えば、講師の話しを聞いていて、

「ちょっと、それ違うんだよなぁ~。。

 え~っと、こういうことを
 なんていったらいいのかな。。」

と考え出すと止まらなくなり、
会話が止まってしまうことがあります。

だんだんとレッスンを重ねていくうちに
そういう場合に どう対処したらいいのかも
分かってきました。

「単純化」する感じです。

例えば、

「僕、病院って、薬とかの独特の臭いが嫌で
 気持ち悪くなるんで、あんまり好きじゃないんだよね~」

と言いたいとします。

「独特の臭い?」
「気持ち悪くなるんで?」

って、さまよい出してしまいそうになるので、
ここは、潔く、

「I don't like hospital.」

と言ってしまう。

当然、「なぜ嫌いなの?」と聞いてくるので、

「It stinks.」

(この時は本当にそう答えてしまいました。^^;

 もうちょっと適切な表現があるハズ。。)

これで通じました。^^;

そうすると、相手が
「ああ、薬の臭いとかが苦手なのね。。」
と言ってくるので、

「Yes, I don't like that smell...」

みたいな感じでかぶせていけば、
なんとか通じます。

こんな感じで、切り抜けることも
できるようになりました。^^

(ちなみに僕は、「文法を気にしない派」なので、
 このサイトに出てくる英文は文法が
 間違っている可能性があります。

 注意してください。^^;)

⇒(体験のまとめ)に続く。。