ベストティーチャーの感想をまとめてみた

1ヶ月間の潜入体験の実績をレポート


年末年始で1週間くらい
できない時があったんですが、
1ヶ月間ベストティーチャーに
潜入体験した結果を報告しておくと、、

  • 完了したレッスン:13
  • ステップの途中で終わったモノ:4

という感じでした。

ベストティーチャーの2016年1月分の実績
(1月の実績・これに前月の1回が加わります。^^)

最初は慣れなかったので、
かなりの時間をベストティーチャーに
使っていたのですが、

やり方などが安定してからは、
1日1時間弱~1時間半くらいの
学習でやりこなせました。

日々新のベストティーチャー感想のまとめ


それでは、
ザッと日々新が思った
ベストティーチャーの感想を
箇条書きで列挙していきますね。。

  • Writingレッスンは自分に近い語彙が増えるので良い!
  • 。。で、慣れてきたらチャットみたいで、楽しい^^
  • 返信や添削の時間がマチマチなのが、イマイチ。。
  • 自分のテキストが音声で仕上がってくるのは良い!
  • たまに文章で使う英語特有の間違いを指摘されるが、それはどうかと思う。。
  • 復習レッスンは「ディクテーション」や「録音」が画面上でできてGood!
  • 先生陣は教育者チックな「お固め」の人が多い印象。。
  • スカイプレッスンの通信はなぜか悪い日が多かった。。
  • 講師の選択肢が少ないのがイマイチ。。
  • レッスンリクエストが指定できるが、リクエスト通りにならないコトも。。
  • でも、よほどの混雑時でない限り、毎時間 先生を選ばなければ入れる感じ。。
  • 講師がしてくれる評価はけっこうバラバラ。。
  • でもコメントは参考になるコトも。。
  • できるだけ多く回せば、コスパはかなり良くなる!
  • 日本人のサポートの人がいてくれるので安心!

。。こんな感想を持ちました。^^

。。ま、ちょっと気になる点も
ありましたが、
おおむね楽しんでレッスンを受けることが
できました。^^

ベストティーチャーに向いている人は?


。。じゃ、最後に
どんな人がベストティーチャーに
向いてるのかな~、って日々新が
勝手に考えたトコロを話しておきますね。。

・「4技能試験」の対策が必要な人

今後、企業や学校が
各人の英語力を測るために
「4技能試験」というのが
どんどん導入されていくだろう、
と言われています。

日々新もよく分からないんですが、
TOEFLとかですかね~。。

つまり「話す」ことも
試験の評価に組み込まれていく、
というコトです。

(今まではリスニングと
 リーディングが主体だった。。)

つまり、試験の一部に
「話す」コトが組み込まれたら

  • 文法的にしっかり話せているか
  • 発音は正しいか

などの「採点の一部」に
なっていくというコトが
予想されます。。

そうなると、「ブロークン英語でも
話せるようになればいいんだ!」
なんて、言ってられないワケで。。^^;

(「4技能試験」とは無縁の
 時代を通過できて、
 本当に日々新はよかったと
 思ってます。^^;)

。。で、
ベストティーチャーは、
この「4技能試験」に対して
効率よく組み立てられた
メソッドになるので、
その対策をするには、
まさにピッタリのオンライン英会話だと
言えると思います。

・自分のボキャブラリーを広げたい人

自分のことを表現するのに
必要なボキャブラリーが足りない。。

そう感じている人にも
ベストティーチャーは向いているかな。。
と思います。

たくさんのシーンの中なら
「自分にあったモノ」を選び、
それについて、先生に質問されながら
テキストを作っていく。。

この流れで、確実に
自分のコトを表現するための
語彙が自然と身に付いていきます。。

・どうしても「英語しか話せない」先生との会話が難しい人

ぶっつけ本番で
「英語しか話せない先生」と
スカイプレッスンをするなんて無理。。

そんな人も多いかと思います。

(本当は、それに慣れるコトが
 英会話上達のポイントになると
 思うのですが。。)

でも、ベストティーチャーなら
スカイプレッスン以外にも
「Writingレッスン」「添削&音声の復習」
があるので、スカイプレッスンまでに
スムーズな準備ができます。

また、スカイプレッスンでも
自分と先生が作ったスクリプトを
もとにレッスンをするので
わりと安心感があると思います。

・短期間で集中して英会話力を上げたい人

ベストティーチャーの特徴として
3ステップがあるんですが、
それを「無制限」に回すコトができる
という点があります。

なので、集中して英語に
取り組む環境があって、
どうしても短期間で
英会話を習得しなければ
いけない人などは、

逆に「コスパが良い」
オンライン英会話と言えると
思います。

3ステップでも
無駄なプロセスはないので
高速で回すことで
英会話力の底上げが期待できると
思います。

 


っと、こんなトコロだと
思います。

では、逆に「向いてない人」は
どんな人かと言うと。。

・趣味などの話しをざっくばらんにしたい人

あくまでも、オンライン英会話に
求めるモノが「フリートーク」であり、
趣味などの話しを気軽に
したい。。という人は
ベストティーチャーには向かないかもしれません。

待機している講師数が少なく、
選択肢が少ないので、
話しが合う先生を
探しづらいからです。

また、添削&音声の復習が
終わった時点でしか
先生のスケジュールが
表示されない仕組みなので、

お気に入りの先生と
スカイプレッスンをする
という形にはなりづらく、

どうしても
「都合のいい時間に
 予約できる先生」から
選ばないといけない状態です。

・今まで英語の勉強をたくさんしてきた人

今まで英語の勉強を
たくさんしてきた。。

。。でも、しゃべれない。。

完全に知識先行型に
なっている人が
フォーカスしないといけないのは
純粋な「会話」です。

なので、3ステップに
分散してしまうベストティーチャーより
純粋にスカイプレッスンのみを
提供しているオンライン英会話を
選んだ方が
より上達効果が高いと思います。

 


こんなトコロです。。

以上、今回は
けっこう盛りだくさんな
内容でお伝えしてきましたが、

素直に良いオンライン英会話だと
思います。^^

初めての人や
今までオンライン英会話を
続けてきたがイマイチ
上達が感じられないという人も
一度お試しを受けてみる価値は
あると思いますよ。。

⇒ ベストティーチャーの公式ページヘ