イングリッシュライブ デメリット

好意的、批判的、いろいろな評判が立っている
イングリッシュライブですが、実際に体験してみて
感じたデメリットを正直にお話していきます。

(この記事は、
 2013年に執筆した
 モノです。)

感じたデメリットについて

ポイント制でなく定額制


イングリッシュライブは、
月額5,500円の定額制(キャンペーン価格)です。

なので、実際には少ししか勉強しなかったとしても、
5,500円はかかってしまいます。

追記:現在は、いろんなサービスが
 付加されて8,910円になってます。)

なので、基本的に忙しくあまりレッスンに時間を
取れない人にはデメリットかもしれません。

生徒は最大9名


イングリッシュライブのグループレッスンの様子2

グループレッスンのコースでは、生徒は
最大9名までです。

予約が不要なので、どのくらいの生徒数なのかは
事前に知ることはできません。


平均で何名くらいか、というのも本当にバラバラですね。。

ほとんどマンツーマンに近い時もあれば、
キッチリ9名の時もあります。

また、生徒の音質が非常に悪く、聞き苦しいこともあります。

(基本的に話している時以外はマイクをオフにしますので、
 ずっとウルサイわけではありません。)

ただ、このデメリットに関してはプライベートレッスンのコースも
ありますので、そちらを検討してみて下さい。

現在はマンツーマン
 レッスンも付いています。


環境を整えるのに手こずる


これは、僕だけかもしれませんが、
「ライブレッスンに入室できない」「音声の認識がうまくいかない」
などのトラブルに最初てこずりました。

ただ、サポートにメールすると、かなり
詳細な内容を丁寧に返してもらえる
ので、
これを利用して、1週間くらいすれば、ほぼ全ての問題が
解決しました。

教師は日本語ができない


ま、ほぼ確実に日本語を話せる教師には
巡りあえない
という覚悟で問題ないと思います。

これについては、⇒メリットについての記事でもお伝えしましたが、
逆に「英語環境に漬かる」という意味では、
僕はOKだと思います。

日本語が話せる講師だと安心」という人は、
⇒ワールドトーク あたりが評判もよく、
オススメでしょうか。。。

講師の選択ができない


予約なしでグループレッスンを受けれるのは、
イングリッシュライブのいいトコロですが、
先生を選択できないという点がデメリットになると思います。

でも、これには裏技があって講義が始まって
数分間は、退出しても1回にはカウントされないので、
いったん退出して入室し直すということができます。

(入室期限は開始後10分以内です。)

(また、同じ所に入ってしまうこともあるかも。。^^;)

ただ、トップページにも書きましたが、
いろんな教師に揉まれることは、とてもいい経験になる
思います。

実際に英会話をする時も相手を選べないですしね。。。

なので、僕は意図的にチェンジしたことはありません。

 



これらの点が、イングリッシュライブのデメリットに
なります。

もし、これらが
あまりにも受け入れられない場合は、パスしたほうがいいかも
しれませんね。。。

⇒ メリット・デメリットのカテゴリに戻る

関連ページ

24時間 予約不要!早朝可!
イングリッシュライブのメリットとしては、24時間いつでも予約不要でグループレッスンが受けれるところです。早朝の学習も可能です。
生きた英語を学べる!
実際体験して感じたのは、「イングリッシュライブでは生きた英語を学べる」ということです。これは、大きなメリットになると思います。
iPadで学習が可能。
イングリッシュライブの隠れたメリットは、iPadでも学習可能なところだと思います。そのことについて解説します。
格安で充実した環境!
イングリッシュライブのメリットとしては、格安で充実した学習環境が手に入ることです。