WE CAN!(子供用教材)

WE CAN!(うぃー・きゃん)


WE CAN!のブックカバー画像(BOOK1)

WE CAN!とは、オンライン英会話でも
広く採用されている、子供向けの
英語教材です。


日本に初めてフォニックス学習を
取り入れたという
「mpi松香フォニックス」会長の
松香洋子さんが執筆した教材です。

フォニックスとは?


フォニックスっていうと、あまり
聞き慣れない人も多いかもしれません。

日本語の「ひらがな」は、
ひとつの音に対して、ひとつの文字が
対応しているので、
ひと通り覚えれば発音も
できるようになります。

しかし、アルファベットは
そうじゃないんですね。。

文字の「組み合わせ」と
発音にルールがあるんです。


(ただし、例外も多いのですが。。)

たとえば

  • make
  • take
  • cake

みたいな。。

そう言った、

★文字の並びと発音の関係を
 学習する


というのが、フォニックスになります。

 


。。で話しを戻してまして。。

。。ま、この手の教材にありがちなんですが、

楽しく興味を持ちながら英語を学べる

ことをテーマになってます。^^

Starterと、1~6、計7レベルの
構成になっています。

対象年齢は幼児~中学生までで、
楽しみながら体系的に英会話を
学んでいけるようです。

Let's GoとWE CAN!の比較


子供用の英会話教材について、
いろいろ調べている人なら
ピンとくると思いますが、
この手の教材では、

Let's Goというモノがあって、
コース内容もコンセプトも
とても似ているように思います。


Let's Goと、WE CAN!。。
どう違うのかな。。

と思う人もいるかもしれません。

WE CAN!は「目標が設定されている」
というのが、大きな特徴になると思います。

コースを通じて384の細かい目標が
設定されています。

。。ま、子供さんには
あまり分からないかもしれませんが、

親にとってみると、
その目標をひとつひとつクリアしていくコトで
確かに、学習の進捗を確認できるのは
大きいのでは。。と思います。

達成した目標をくりかえし何度も
復習して「使える」英語にしていく
というプロセスはLet's Goでも同じです。

ただ、目標を確認しておくと、
お母さんも、

「ほら、こういうのは何て言うんだっけ?」

と子供さんに確認して、
復習の手助けもできるかもしれませんね。。

WE CAN!を採用しているオンライン英会話


WE CAN!を採用しているオンライン英会話で
大手ドコロは、→QQ English になります。

ただ、Starterからではなく、BOOK1から
始めたという口コミもありましたので、

「予習のために。。」と先走らないで、
カウンセリングを聞いてから買った方が
いいかもしれません。^^

(ちなみにQQ Englishは、最初に
 日本人スタッフによるカウンセリングが
 あります。)

。。ということで、
WE CAN!についてはココマデにします。。

→ WE CAN!をAmazonで探してみる

→ オンライン英会話用語集のトップへ

→ このサイトのトップページへ