通信障害とは?

通信障害(つうしんしょうがい)


自宅からのレッスンでも、オフィス回線を使用しての
レッスンでも、インターネット回線を使用している限り、
通信障害というのは、たまに起こります。

(ちなみに、最近、
 日本-アジア間の海底を走っている回線ケーブルが
 一部 断線しているとかで、フィリピンとの通話の質が
 明らかに全体的に悪くなっている気がします。)

(2014年4月8日情報)

通信障害が起こると、次のような
現象が起こってしまいます。

  • 音声は普通だが、画像が激しく乱れる
  • 音声がよく途切れる
  • どちらも止まってしまい、待機中のようになる

ほとんどの場合、しばらくすると持ち直しますが、
あまり通信が良くない状態がしばらく続く時もあります。

とりあえずの対処法として


通信の調子が悪くなった時は、

I think we have a bad connection.

と言って、その旨を伝えましょう。

この時、たまに先生が取る対応として、

  • ビデオ通話から音声通話に切り替える
  • いったん通話を終了してもう一度かけ直す

がありますので、
何かを頼んできている雰囲気なら、
この2つのコトを言っているのかもしれません。

レッスンの返還


ちょっとくらいなら まだ許せるが、
通信障害の程度がかなりヒドかったら、
「これって、レッスン料取るワケ?」
ってなるかもしれません。

ただ、オンライン英会話は、
スカイプというシステムにタダ乗りさせてもらっていて、
それでコストを安く抑えられているので、
少々であれば、我慢した方がいいと思います。

(ちなみに日々新は、そこまでヒドかった経験もないので、
 一度もゴネたコトはありません。^^)

ただ、講師はよく、

「こちらのシステムに問題はないので、
 そちら側の回線にトラブルが発生してるようですね。。」

とか、けっこう平気で言ってきます。

仏の日々新もそれで一度カチンときましたが、
ハッキリしないことで、スグには謝らないというのは、
おそらく外国人共通の特徴だと思うので、
社会勉強のひとつとして受け取った方がいいでしょう。

ちなみに、リアル英会話は、
ここら辺の保証がしっかりしています。

  • 会話の時間を保証してくれる
  • 成立しなかった時は、無期限の特別ポイントを発行してくれる

と他を圧倒していると思います。

聞いてみると、社長の芝田さんも
昔、オンライン英会話をしていて通信障害になった時、
相手がこちらのせいにしてきたのに腹を立てたコトが
あるようで。。^^;

その辺りも分かってくれているというのは、
安心できるサービスだと思います。

(今回の海底ケーブルの断線の件を受けて、
 リアル英会話では、主に銀行などで使用されている
 接続や速度が保証される専用回線に
 変えたそうです。

 ちょっと この真摯な対応には感動。。ですね。。^^)

⇒ 用語集のトップに戻る

⇒ 専用回線を使用しているリアル英会話のレビュー