テキスト(教材)

テキスト(教材)(Text)


テキスト(教材)とは、それに沿って
ネット英会話が進められる教科書のようなものです。


  • PDF
  • 冊子(本)
  • Webページ

などの形で生徒に配布されます。

ほとんどのネット英会話では、
テキストを使用してレッスンが行われます。

ただ、そのテキストは各サービスによって
マチマチです。

いろいろなパターンを紹介していきます。

オリジナルテキスト


そのオンライン英会話が独自に
作ったテキストです。

ただ、内容は「有り合わせ」みたいな感じで
作っているのから、独自のメソッドを構築している
モノまであって、ピンキリです。

配布されている形式も、

  • 会員ページでダウンロードできるPDF
  • 冊子で提供される(別途購入の場合が多い)

がおもにあります。

多くのオンライン英会話では、
会員ページで無料でダウンロードできる
形になっています。

教材が良いオンライン英会話は?


この、オリジナルの教材がダントツで充実しているのが、
Englishtownです。

動画や音声がたくさん取り入れられた教材で、
ボリュームもかなりあります。

教育機関との共同開発で
作られた教材なので、効果も高いです。

フィリピン系のオンライン英会話では、
レアジョブの教材がボリュームも多く、
まとまっています。

毎日、ディスカッション用の
音声テキストを独自に配信するなど、
コンテンツ量はピカ一です。

。。あと、日々新の個人的な意見では、
hanasoの教材は、
リピートによって、フレーズを
とことん復習できるようになっていて、

特に初心者さんに最適なモノだと
思ってます。

市販の教材


市販で売られている教材を、
そのオンライン英会話で使用する、という
形を取るトコロも多いです。

  • オリジナルのテキストを作らなくていい
  • クオリティの高いレッスンを提供できる

ということで、
中堅あたりのオンライン英会話は、
このスタイルのトコロが多いです。

一般的には、テキストの費用は、
生徒が別途負担する形になります。

市販のテキストで有名なのは、
SIDE by SIDE」です。

市販テキストを採用している
オンライン英会話でも、多くのサービスが
SIDE by SIDEを選べるようになってますので、

市販テキストなら、「SIDE by SIDE」を
チョイスしておけば、
他のオンライン英会話に移った時でも
流用して使えるので、いいですよ。。

(ちなみに日々新は、なぜか
 「Interchange」を使ってます。^^)

Webの素材を使ったレッスン


中級者以上向けに、
Webの素材(例えばCNNのニュースなど)を
題材にして、そのテーマについて
レッスンを受けるという形を取っているトコロも
多いです。

無料でできて、
時事のネタをスグに取り入れることができる

ということで、中級者以上には、
オススメできる方法です。

フリートーク


たいていのオンライン英会話では、
テキストなしで、純粋に英会話を楽しむ
「フリートーク」を設けているトコロも
多いです。

(あくまでも、レッスンの1つの種類として。)

話したい話題が決まっていて、
ある程度 英会話ができるようになった人が
けっこう利用しているようです。

ポイントは、
「話したい話題を話せる講師がいるか?」
ということと、
「体系的に英会話を学べない」
ということでしょう。

なので、少なくとも中級者になるまでは、
テキストメインの受講がいいかな。。
と日々新的には思っています。

カスタマイズ


  • 作った英文の添削をしてほしい
  • 自分からテキストを指定したい
  • 違う内容でレッスンをしてほしい

このような「自分だけのカスタマイズ」にも
対応してくれる
オンライン英会話は
多いようです。

でも、
「お願いする講師にその力量があるか」
「あなたが うまく伝えられるか」
など、けっこう壁は多いので、
上級者にオススメの方法になります。

以上が、オンライン英会話の「テキスト」に
関するお話しでした。

また、「教材」といってもだいたい同じ意味になりますが、
教材といった場合、独学で取り組む
タイプのモノも一般的にそう呼ばれますね。。

(ちなみに、オススメの教材の記事はこちら

→ オンライン英会話比較のトップ

→ 用語集に戻る