自宅(契約)(講師)

自宅(じたく)


フィリピンやネイティブに限らず、
オンライン英会話は、講師が
「自宅でレッスンをしている」パターンと
「オフィスに出勤して教えている」、2つのパターンがあります。

自宅契約をしている場合の特徴を話していきますね。。

フィリピンのオンライン英会話の場合


フィリピンで運営されているオンライン英会話の場合、
自宅契約というと、まず問題になるのが、
「回線」の問題だと思います。


というのも、フィリピンでは、
一般家庭では、早い回線のインターネットと契約することができないからです。

(あくまでも、オフィスと比較して、
 という形ですが。。)

なので、オフィス回線と比べると、
どうしても、インターネット回線の弱さが目に付きます。

ネイティブの場合


比較して、ネイティブなら大丈夫かといえば、
実は、そんなことないんですね。。^^;

ネイティブだと、どちらかと言うと
オンライン英会話の講師は「安い」種類の職業になる
と思います。

なので、

  • けっこう地方に住んでいて仕事がない人
  • 外に出て働きたくない人

なんかがけっこう多くこの仕事をしてるのかな。。

という印象なんです。

(あくまでも、ザックリとした印象です。^^;)

なので、早い回線を敷いているかと言えば、
全然そんなこともないパターンも多く存在します。

なので、どちらも通信環境はそれほど良くない
って思ってます。

自宅だと管理が行き届かない


また、自宅でレッスンするとなると、
運営者側としても、当然管理はできません。

なので、レッスンの質は講師に大きく
委ねられることになります。


ビデオ通話ではなく、音声通話なら なおさらです。

  • 寝そべって教えていても
  • お菓子を食べていても
  • ゲームをしていても

分からないので、注意は必要です。

なので、自宅契約がメインのオンライン英会話では、
どうしても、講師の質のバラつきが激しくなる。。
という認識でいいと思います。

自宅契約がメインのオンライン英会話


自宅契約がメインのオンライン英会話はというと、
フィリピンの大手では、⇒レアジョブがそれに当たると
思います。

ただ、レアジョブは講師数が圧倒的に多いので、
趣味が合って、教えるのがうまい先生を探すのであれば、
現状ココくらいしかないのでは。。とも思います。

ネイティブでは、(おそらく)⇒Englishtown
自宅ではないかな。。と思います。

⇒Hello Englishも自宅ですね。。

また、オフィス出勤の講師のメリット・デメリットについては、
用語集の⇒オフィスを参照して下さい。

⇒ オンライン英会話比較サイト トップへ戻る

⇒ 【特集記事】300ページ以上オンライン英会話の記事を書いてきた僕の結論