セブ(地域)

セブ(Cebu)


爆発的にサービスが増えている
フィリピンのオンライン英会話ですが、
その本拠地というのは、ほとんどが
セブ島のセブ市になります。


セブ島全体の人口は約300万人、
セブ市の人口は、約90万人で、
フィリピンでも第5位の大都市です。

なぜ、フィリピンの首都マニラではなく、セブを拠点とする
オンライン英会話が多いのかというと、
単純な理由で、「人件費が安い」からです。

マニラとセブでは、1.5倍ほどの
人件費の差が一般的にあるという感じです。

さらに、セブは世界でも有数の
オフショア先としても有名で、
「金融・IT・コールセンター」などの
産業が発展しています。

まさに、オンライン英会話には、
もってこいの環境が整っているので、
ほとんどのサービスはここ、セブを
拠点としています。

スカイプに表示された講師は、地域が
「Philippines Cebu」と表示されてます。

セブ・リゾートとは?


セブは、リゾート地としても有名ですが、
これは、セブ島に隣接している
マクタン島のことを指しているようです。

といっても、セブ市街からも
それほど遠くなく、
1時間も車で走れば、リゾート地まで
いけますので、
語学留学もかねて、セブへ行くというのも、
なかなか楽しいかもしれませんね。。

(ただし、留学生を狙った犯罪も多発している
 ようなので、注意も必要ですが。。)

セブへの語学留学ができるオンライン英会話


実際に、セブへの語学留学の
受け入れをしているオンライン英会話も
いくつかあります。

QQEnglish
有名で、大規模に語学留学生の募集をかけていますね。。

こちらでは、カランメソッドのコースも
希望があれば選択することが可能です。

日々新的には、カランメソッドは、
オンライン英会話より、絶対
対面でした方がいいと思いますので、
語学留学だといいですね。。^^

あと、僕がいつもお世話になっている
リアル英会話も語学留学を
受け入れています。

こちらは、普段のオンライン英会話の
料金のままで、現地でもレッスンをしてもらえると
いうことで、とても良心的なサービスになっています。

また、外に出て、実際に
観光をしながら、英語を教えてもらうなど、
カスタマイズにも広く対応しているので、
実は、オススメな語学留学先かもしれません。

 


以上、セブの英会話に関する情報でした。^^

⇒ このサイトののTOPページへ戻る

⇒ 日々新のオンライン英会話体験談の一覧

⇒ 用語集のTOPへ