Interchange

Interchange(インターチェンジ)

Interchange(第4版)の画像


Interchangeとは、オンライン英会話で
使われるテキスト(教材)です。


市販されているモノなので、たいてい
Interchangeを使うのであれば、
レッスン代に込みではなく、
別途購入の必要があると思います。

実は、このInterchange、日々新は
リアル英会話のレッスンで実際に使用しています。

とても面白いテキストだと思います。

(ちなみにInterchangeの英語の意味は、
 「取り交わす、交換する」というような意味)

Interchangeの詳細


Interchangeは、どちらかと言えば、
ネイティブではない大人が外国語として
英語を学ぶ時に使われる教材


のようです。

なので、話題も一般の子供が
使うテキストとかとは大きく違っていて、

  • Rap音楽についての話題
  • 職業についての話
  • 買い物をする時のやりとり

など、

けっこう興味深く取り組めるのが
特徴だと思います。

これらの話題をきっかけにして、
延々とフリートークに突入した。。

なんてことも、けっこう多いです。^^;

あと、実際にテキストに出てくる
文章については、
実際に会話で使うような文章が
中心なので、「英会話」用の教材としては、
問題ないと思います。

ちなみに、Interchangeは
かの有名なイギリスのケンブリッジ大学に
よって(!)出版されています。^^

Interchangeのレベルについて


Interchangeは、4つの冊子が
出版されていて、それぞれ

  • Intro

という形で構成されています。

価格は、だいたい1冊
3,000円前後です。

(2015年10月30日調査時)

日々新は、「1」から始めたのですが、
文章としては、わりと簡単なモノなのですが、
扱うテーマが上に挙げたようなモノなので、
出てくる単語が少し難しいかもしれません。

でも、興味を持って
取り組める内容だと思いますので、
その意味は、先生に
教えてもらうと、ちょうど良いレッスンになると思います。^^

オンライン英会話の初心者であれば、
「Intro」から始めた方がいいかも。。

。。と、レベルに関しては、そんな感じです。

。。あ、ちなみに
Interchangeは、一応
先生に教えてもらうような形で
進めていく内容のテキストです。

完全に独学でやる向けではなく、
解答も用意されていないので
注意が必要です。

(自習用のトピックも一部あります。
 そちらは解答が用意されています。)

Interchangeを採用しているオンライン英会話


すいません。。

僕が知っているオンライン英会話で
Interchangeを採用しているのは、

リアル英会話」、「ぐんぐん英会話」「英語でしゃべり隊クラブ
あたりですね。。

英会話教室などで、多く採用されている
みたいですね。。

デメリット


僕がInterchangeで難しいと感じたのは、
「文法の用語」です。

Possessive adjective

なんかが、何の前触れもなく
使われていたので、ビックリしました。^^;

(ちなみに、Possessive adjectiveは、
 「my」とか「your」とかの。。
 所有格ってヤツですかね。。^^;)

なので、もし、こういった文法用語の
英語を知らない場合は、
「読み方」と「何を意味しているか」くらいは
予習しておいた方がいいかも。。

と思います。


もうひとつのデメリットとしては、
「採用しているオンライン英会話が少ない」
かも。。です。

なので、よりメジャーな「SIDE by SIDE」を
選択できるのであれば、そちらの方が、
サービスをまたいで使用できるので、
良いかもしれません。。

。。でも、個人的にはこのInterchange、
けっこう気に入ってます。^^

以上、日々新の「ウンチク」用語集でした。。

⇒ 用語集のトップへ

⇒ オンライン英会話比較表の目次へ