「リアル英会話の長所」


⇒対談8 からの続きです。)

s:
先ほどもお話ししたように、
私自身がネット英会話で英語をマスターして
満足いかなかった部分を改善するような形で
運営しています。

やはり「会話の練習」ですね。。

最も根本的な要素である
会話の練習ができるように
講師を指導しています。

テキストを使用していても、
講師と生徒の間で常に意見の交換を
行っていく。。

あと、生徒さんの個別の要望にも
出来る限り答えるようにしています。

レッスンが進んでいって、
カスタマイズが必要になってきた
生徒さんには、できるだけ2日前までに
予約を入れてもらうようにお願いしています。

2日を使って、
ディスカッションならその内容の吟味、
なんなら自分で携帯で写真を撮ってきて、
その内容に関する会話を計画する。。

そうやって、より内容の濃い、
その人に合った会話の練習ができるように
講師の方でも、しっかりと準備します。

h:
ほぅ。。。

そこまでやってくれる
ネット英会話は多分ありませんね。。

s:
いろいろな面で頑張った人には、
高い報酬を得てもらえるような
報酬システムを採用しています。

全員が競いあって、生徒さんの満足のために
知恵を出してがんばっています。

。。私は、もともと人事部におりましたので、
実はこういった設計はかなり得意なんです。

h:
なるほど。。そういうワケなんですね。

逆に、リアル英会話の今後の
課題点とかはありますか?


⇒ 続きはコチラから