「日本はダメじゃない!」


⇒対談5 からの続きになります。)

s:
はい。

もう1つは、
日本のために何かをしたいという強い思いです。

ビジネスの開始を決断した2012年の夏ごろは、
日本の経済は本当にお先が真っ暗な状態でした。

今もですが、震災の影響は
大きく経済に影を落としています。

私は海外10ヶ国以上の国に
滞在したことがあるんですが、
どこへ行っても感じることは、
日本って本当にすごい国だということです。

外国に行くと感じるのが、
「接客の態度がマズい」「製品の作りが雑」
「料理がマズい」ということです。

電子レンジなどでも、扉を開けた瞬間、
衝撃で中のスープが飛び散ったりします。。

よく考えてみれば、日本製では
そんなことは起こらないですよね。。

ちゃんと扉の開閉の時に、
振動が起きない仕組みになっているんです。

このような例ひとつ上げても分かるように
日本は「製品」「接客・サービス」、
そしてそれを作りだすためのシステム作り
にしても、世界最高水準であるということは
間違いないです。

唯一価格が高い。。というだけなんですね。。

お金持ちの外国人は、好んで日本の製品を
使っている場合が多いです。

日本人について、芝田さんが語る。。

英語が不得意な国民と言われながらも
ここまでやってこれているんです。

英語の不得意を克服できれば、
世界を舞台に私たちはもっともっと
やれるはずだと思います。

まやかしや小手先の教材やスクールが多い中で、
ホンモノの英会話レッスンを通じて
グローバルな人材を輩出したい。。

そして日本のよさ、素晴らしさを
もっと海外に広めていくお手伝いをしたい。。

こんな思いで、事業化を決意しました。

h:
。。芝田さんって、けっこう熱い人なんですね。。(笑)

s:
ハイ。。

熱いですよ。。(笑)

h:
実際にネット英会話を開こうとして、
苦労されたこととかはありますか?


⇒ 7に続きます。。