「自習のやり方」


⇒対談10 からの続きになります。)

h:
英会話の習得は、「会話のトレーニング」を
メインに置くということだったんですが、
他にはどんなことをすればいいんでしょうか?

s:
私自身がよくやっていたのは、
とにかくレッスンが終わってから、
その「振り返り」をしていましたね。。

別に、風呂に入りながらとか、
いつでもいいんですが。。

「あ、あの時にこういう表現を使ったら
 よかったな。。。」

とか

「先生が言ったあのフレーズは使えるな。。」

とかいう感じです。

で、連想で
「こういう表現はどう言うんだろう?」とか
調べてみたり。。

そんな感じですね。。

h:
文法の勉強とかは?

s:
ネット英会話のレッスンでも
テキストで教えてもらいますし、
文法の勉強のみを別にしたという
ことは その時はなかったです。

気をつけないといけないのは、
「文法を気にするとしゃべれない」
ということです。

究極の話し、すべて現在形でも
話しは伝わりますし、
「a」とか「the」とかも
気にすることはないですね。。

大事なことは、
「思い浮かんだ考えを瞬時に言葉にする」
ことです。

あとは自然に身につけていけば
いいと思います。

h:
なるほど。。

文法を気にするとしゃべれない、
というのは、僕も同感ですね。。

あと、同じ間違いを何度してもいい、
っていうのも感じます。

日本人ってマジメな性格なので、

「一度教えてもらったことを
 もう一度間違えてしまうのは、
 先生に対して失礼なんじゃ。。。」

って気にする人は多いと思います。

でも、これって
「文法を気にするとしゃべれない」というのと
同じような感じで、
やっぱり気にするとしゃべれなくなるんですね。。

s:
。。みんな難しく考えすぎているんだと
思います。

もっとシンプルでいいんですよ。

英会話を習得するために
「会話のトレーニング」を重ねる。

私は、私以外に
ネット英会話で英会話をマスターしたという人を
ひとりも知りませんが、
みんな難しく考えすぎているような気がします。

先ほどもお話ししたように、
日本人はすばらしい才能を持っています。

ぜひ英語を身につけて
グローバルに活躍できる人がたくさん
現れることを願っています。

h:
そうですね。。

僕にとっても今日の対談は
目からウロコの話しをたくさん聞けたように
思います。

ぜひこの対談を聞いて、
英語をマスターできる人が
多く輩出されれば、と思います。

今日は、長い間どうもありがとうございました。

s:
こちらこそ、ありがとうございました。

(終わり)

⇒ リアル英会話の公式ページ【プレゼントあり】
↑のリンクから申し込んで頂くと、
また別に収録したオリジナルの「対談の音声」をプレゼント中です。
⇒プレゼントについて詳しくはこちらのページ

※芝田さんとはさらに後日対談をしています。

 合わせて読んでもらえれば理解が深まると
 思いますよ。。

 ⇒対談2「オンライン英会話を始める人に ぜひ伝えたい7つの事