「芝田さんの動機」


⇒対談4 からの続きになっています。)

s:
そうです。

実際にフィリピンに行ってビジネスを始めるくらいに
習得できたのは、
ネット英会話を始めて1年と2ヶ月後でした。

760時間くらいのレッスンを受けたと思います。

とにかく早く習得したかったので、
1日2時間のレッスンをノルマ化してました。

500時間くらい受けたあたりで、
自分の会話力に確かな手応えを感じましたね。。

h:
1日2時間ですか。。

ちょっと大変ですね。。(笑)

s:
そうですね。。

でもノルマを消化できてなかった時に、
最高で1日8時間受講したこともありますよ(笑)

h:
8時間!!

1人の先生でですか?

s:
いや、2時間ずつくらい別々の先生です。

いろいろなネット英会話に入っていたので。。

h:
なるほど。。

そうやって、英会話力をつけて
フィリピンに渡り、リアル英会話を立ち上げたんですね。。

。。あ、そもそも
どうしてネット英会話をやろうと思ったんですか?

h:
理由は2つありまして。。

1つは、いくつかネット英会話を受けてみて
どこも私が思うようなレッスンを提供して
くれなかったということです。

私はとにかく「会話」の練習がしたかったのですが、
テキストのあるコースではテキスト通りにレッスンが進められ、
思うように「会話」のレッスンができませんでした。

フリートークを選択すると、それこそ雑談だけになって
しまいまい、語彙や構文を体系的に学ぶことが
できません。

ビジネスコースを選択すると、
講師たちにビジネスの経験がまったくないため、
「とんちんかん」なやりとりを行なうことに
なってしまいます。

このような中途半端なレッスンではなく、
本当に役に立つレッスンが必要だと
受講しながら常に考えていました。

h:
なるほど。。

先ほどお話ししてもらったネット英会話のレッスンの際に
その改善点に気付かれたということですね。


⇒ 対談6に進む