イングリッシュベル レビュー

DMEメソッドのレッスンができるオンライン英会話


イングリッシュベルのホームページ画像

けっこう老舗のオンライン英会話、
イングリッシュベルについてレビューしていきます。。

ここの特徴といえば、やっぱりまず、
DMEメソッドでレッスンが受けれることでしょう。

DMEメソッドとは、4倍の学習効果があると
言われているカランメソッドをさらに進化させた
メソッドのようで。。


(カランメソッドが4倍なら、
 DMEメソッドは何倍か気になるんだけど、
 明記されてない。。。^^;)

カランメソッドと比べて

  • カランの弱点でもある文法にもフォーカス
  • 3~4年で新しい版が出るので時流に合ったボキャブラリー
  • よりインタラクティブ(対話的)な手法も取り入れている
  • レストラン・空港などのシチュエーション会話も含まれている

ようで、より楽しみながら かつ効果的な
学習ができるように設計されているようです。

オンライン英会話でDMEメソッドを学びたいのであれば
イングリッシュベルは外せない、、
ということに
なりそうです。

DMEメソッドのレッスンの流れ


とはいえ、DMEメソッドが
カランメソッドと革新的に手法が違うか、
というと、そういうワケではないようです。

基本的には、

  1. 先生が質問を2回くり返す
  2. 生徒がそれに答える
  3. 生徒がつまったら、先生が答えを少しずつ導く

これを「高速回転させる」という流れは
一緒のようですね。。

こういったメソッドは、「ダイレクトメソッド」と
呼ばれるようで。。

カランメソッドがその主流になったのですが、
DMEメソッドはそれをさらに進化させた
という感じのようです。

(確かに、カランメソッドは
 僕も少しやりましたが、
 テキストの内容自体は、
 本当に「無機質」でしたね。。

 「This is a pen.」っぽい感じで、
 内容が一切ないみたいな。。^^;)

(ちなみに、イングリッシュベルでは、
 希望すればカランメソッドも受けれます。)

イングリッシュベルのその他のメリットは。。


DMEメソッドについては、
この辺りにしておいて、

あと、イングリッシュベルで特徴的なのが、
自動引き落しでなく都度払いきりの料金だということです。

(かえって面倒?^^;)

40日間で消化するような形になっていますので、
「忙しい時はレッスンが受けれない」という人にも
親切な設計になってます。

また、24時間レッスンが可能1日に最大20レッスン(!)
まで入れれるのも、
「集中的にレッスンを受けたい」人に
うれしい配慮だと管理人的には思います。

デメリットはある?


。。で、イングリッシュベルのデメリットなんですが、
まず、やっぱり「料金が高め」ですね。。

でも、まあカランメソッドのオンライン英会話の
相場より「ちょい高め」くらいなんで、
「進化系」と考えれば妥当な値段なのかもしれませんね。。

あと、思ったのは

  • カランとDMEは教材を別途購入の必要がある
  • キャンセルが6時間前まででちょっと早い

くらいなんで、価格さえクリアできれば、
けっこう死角なしのオンライン英会話かも
しれませんね。。

講師の質も良さそうなので。。

イングリッシュベルの詳細

コース ■月5回  3,612円(1734円/時)
■月10回  5,926円(1422円/時)
■月20回  9,075円(1089円/時)
■月40回(昼) 14,260円(856円/時)
■月40回  16,575円(995円/時)
繰り越し なし(期限は40日間払いきり)
時間帯 24時間(フィリピンの祝日は休み)
講師 フィリピン(ネイティブ2名)
日本語OK 記載なし
講師数 98人
レッスン形態 マンツーマン
教材 クラス
■初めての英会話(子供向け)
■日常英会話
■発音
■TOEIC
■ビジネス英会話
■CNN
■カラン
■フリートーク
■DME
■DME Teens(スタンダードよりやや簡単)
■DME Kids(初心者向け)
■DME Advanced(上級者向け)
■DME Business(ビジネス向け)
■Let's Go
■DME Elementary(子供のみ対象)
※カラン、DMEシリーズ、Let's Goは、テキストを別途購入の必要あり
(必須ではない)
予約 15分前まで
キャンセル 6時間前まで
通信 スカイプ(オフィス回線)
ビデオ 先生(全員)/生徒(記載なし)
支払い ■クレジットカード
■銀行振込
無料お試し 2回
管理人スコア 87点
ホームページ (↓↓↓ こちらをクリックして下さい ↓↓↓)


⇒ カランメソッドのQQEnglish、体験記はこちらから

⇒ カランメソッドが受けれるオンライン英会話の一覧は?

⇒ ネット英会話 比較表の目次ページへ