Best Teacher 詳細レビュー

自分のテキスト音声を作る


ベストティーチャーのHP画面

Best Teacherは、他のオンライン英会話とは
まったく違った方法で英語を学べることで
評判になってます。

具体的には、

・講師とのテキストチャットのやり取りで
 自分自身のスクリプトを作り
・それを講師が音声に録音してくれて
・それをもとにビデオチャット(スカイプ)で会話をする

という感じです。

スクリプト用のシチュエーションは1000以上も用意されていて、
この流れを時間が許す限り無制限で受けれます。

「けっこう面白いかな。。」と思える
チョット変わったオンライン英会話ですね。。

⇒ 実際に体験してみました!くわしい話しはコチラ

。。ベストティーチャーさんが言うには、

「自分に関する100の英文を作れれば、
 英語は話せるようになる」


のだそう。。

これに関しては、日々新的には、
「(多分)無理」だと思うのですが。。^^;

(根拠は、芝田社長との対談
 読んでもらうと分かると思います。)

確かに、英会話を話せる「きっかけ」を
つかむコトはできるようになるかもしれません。

今後の大学入試や技能検定を見据えたサービス


あと、Best Teacherが
声高に主張しているのが、
「4技能試験」対策というコト。

これは、どういうコトかというと、
今までの学校の入試や、
企業が英語力の評価に使っていた
TOEICなどは、

  1. 読む
  2. 聴く

を主体とした「2技能」で
行われているモノが主流だった。。

それが、これからは、

  1. 読む
  2. 聴く
  3. 話す
  4. 書く

まで試験される時代が
すぐソコまで来てる。。(らしい)。。

というコトなんです。

今までは、正直、
全く英語が「話せない」という人でも
紙ベースとリスニングのテストさえ
クリアしていれば、

「英語がデキる人」として
評価されていたけど、
これからは、そうはいかないよ~。。

って感じみたいですね。。

そこで、このBest Teacherが
取り入れているメソッドに沿って
レッスンを行えば、

  • 書く
  • 話す

という技能も磨かれるので、
他のオンライン英会話より
4技能試験対策に適している、

というコトらしいです。。ハイ。。

さらに、TOEFLやIELTSなどに
個別の対策ができるように、
通常のコースとは、別のコースも
7つ揃えている模様。

。。ま、日々新的には、
もう、留学や入試とかは関係ないし、
企業などとも関係のないトコロで
英会話をやっているので、
この件とは、無関係なんですが、

「はたして、そんなコトをして
 英語がしゃべれるようになるんかな~」


というのが、正直な感想です。

4技能試験という方向性に
ちょっと危惧を感じています。

結局、
「書く」や「話す」を試験科目に
加えてしまうと、

当然ですが、
「正しく書く」、「正しく話す」というコトが
要求されるようになります。

これは、逆に英語を話す、
英語でコミュニケーションを取るという
道筋から、大きく外れていってしまうような
気がします。

まちがっても気にしないで
とにかく意思の疎通をがんばり続けるのが
一番の英会話の上達法だと思いますんで。。


。。しかし、
日々新がこんなトコでボヤいていても、
まあ、そういう方向性で進むのなら、
そうなるんでしょうね。。^^;

あくまでもサイドのサービスで位置づける(?)


管理人的には、ビデオチャットが10分ということもあり、
しかもスクリプトの読み上げがメインになってくるので、

■このサービスだけで「実際の会話力」は身に付きにくい

というのが、正直な感想です。

追記
スカイプの時間は25分になったようです。

通常のペースでやり取りをすると、
月に10回くらいのペースで、
スカイプで英会話できる流れのようです。

この辺りは少し改善された感じですが、
「実際に会話する時間」にフォーカスした方が
いいというのが、日々新の考え方です。

(ま、芝田社長の受け売りですが。。^^;)

しかしながら、自分自身のことをネイティブが
録音した音声が溜まっていく
というのは、
魅力的なことだと思います。

なので、あくまでも他のネット英会話をメインで
受講し、Best Teacherをサイドで活用するという
やり方が活用法としてはいいと思います。

(サイドとして、5537円の月額は
 正直微妙なところですが。。^^;)

追記
こちらは、かなりイタいですが、
9,074円(税抜き)まで値上がりしました。

それだけ価値を感じれるサービスということ
なのでしょうか。。

もともとが3千円代の月額から
スタートしたオンライン英会話なので、
「ちょっとスゴいな。。」と思ってしまいます。^^;

P.S.
Best Teacherの宮地社長から
直々にオファーがかかり、
「ぜひ体験談を掲載して下さい」というコトなので、
潜入体験の方をするコトになりました。

楽しみにしていて下さい。。^^

体験談が出来上がりました!

⇒ 社長からのオファーでベストティーチャーに日々新が潜入! 

ついに英語「4技能検定」時代が来る!(2017.11.06追記)


。。正直、最初、宮地社長と
メールで やり取りさせてもらった
時は、日々新もピンと来なかったんですが、、

最近、英会話について情報収集していると、

「あ~、これが宮地社長の言ってた
 4技能ってことか~。。」

って、しみじみ分かるように
なりました。^^;

(あの時は、ちょっと否定的な
 ことも意見してしまい、
 お恥ずかしい限りです^^;)

2020年には、今の大学入試センター試験が
生まれ変わり、英語の「スピーキング」の
テスト
が加わることが決まりました。

それに先立ち、先進的な大学では、
すでに

  • GTEC
  • TEAP
  • IELTS
  • TOEFL

などを利用・導入したテストを実施したり、
得点換算して、合否に組み込むと
いった流れも出てきているようです。

そして、その流れを受けて、
高校の授業も変わっていってる。。

もちろん、この流れは、
企業にも波及していってる
ことでしょう。

この状況下においては、
ひたすら「4技能」時代に
特化して、仕組みを構築してきた
ベストティーチャーは、

★頭ひとつ抜けた

オンライン英会話になっていると
いうのが、日々新の現時点での
感想になります。

。。他にオススメできるとすれば
高学歴な先生が多く、正しい
英語を話すコトが「文化」のように
なってるレアジョブあたりに
なるかと思いますが。。

4技能検定にからんで、オンライン英会話を
探しているのであれば、
「システムから構築されている」ベストティーチャーか、
「文化として文法のコレクト力が高い」レアジョブか、
というコトで、一度 体験して
比べてみるといいように思います。

⇒ ベストティーチャーの公式ページをのぞく

⇒ レアジョブの公式ページはこちら

詳細

コース ■通常コース:月額 9,074円
テキストチャット:5往復
ビデオチャット:25分
(無制限でくり返すコトができる)

↓他に4技能試験対策用の個別コースもあり
■TOEFL iBT対策コース:月額15,000円
■IELTS対策コース:月額15,000円
■TOEIC SW対策コース:月額15,000円
■英検対策コース:月額14,000円
■TEAP対策コース:月額15,000円
■GTEC CBT対策コース:月額15,000円
■TOEFL Junior Comprehensive対策コース:月額15,000円
時間帯(ビデオチャット) 13:00~23:00⇒24時間
(テキストチャットは24時間)
↑↑タイムラグが最大で半日ほど
講師 ネイティブ+フィリピン
日本語OK 若干名
講師数 160名ほど
レッスン形態 テキストチャット+ビデオチャット
教材 ■900種類以上のシチュエーション集
予約 20分前まで
予約のキャンセル 30分前まで
通信 スカイプ
ビデオ 先生(全員)/生徒(任意)
支払い ■クレジットカード
■ペイパル
■銀行振込
無料お試し 1回
管理人スコア 84点
ホームページ ↓↓↓ こちらをクリック! ↓↓↓


⇒ 日々新のベストティーチャー体験の様子はこちら

⇒ 5000円までのオンライン英会話の比較表!

⇒ 初級者ならコチラとhanasoの週2コースのセットもオススメかな。。

⇒ ネイティブのオンライン英会話の比較はこちら