久しぶりのレッスン(産経)

久しぶりのレッスン


実は、今回英会話のレッスンを受けるのは、
3ヶ月ぶりくらいになってしまいました。

どうして?という話しなんですが、
他にいろいろとやらないとイケない事が
出てきたからです。

それまでは、一日のうちに
かなりの時間を英会話の学習に
使っていました。

しかし、他にやるべき事が出てきて、
その時間をどこから取るの?
という話しになってくると、
もう英会話の学習の時間しかないな。。

って、感じですね。。^^;

僕は、特に会社で英語を求められている
ワケではないですし、
英会話の勉強の動機は趣味に近いです。

なので、冷静に判断して、
今の自分がそれほど時間をかけるべき
領域じゃないと思ったワケです。

。。あ、でも、

最低限の学習は続けてきました。^^

  • 1分間英熟語1400を5ページほど覚える
  • 英語の音声をくりかえし聴く(30分ほど)
  • 自分で作った単語・フレーズ帳を見返す
  • 英語で考えたり、独り言をつぶやく
  • 特定のメルマガを読む(3誌)
  • 海外ドラマを観る

。。こうやって書き出すと
今でも、けっこうな時間、やってますね。。^^;

今は、海外ドラマを安く観れる動画配信サイトなども
多くあって、僕もそれを利用しています。


(前まで、⇒hulu だったんですが、
 今月から ⇒dビデオ に変えるつもりです。)

ただ、オンライン英会話のレッスンとしては
3ヶ月ぶり。。

少し緊張していました。^^;

Hazel先生は、エクセレント!


。。と、かかってきました!

Hazel先生は、とても発音のキレイな先生でした。

以前は、初めてのレッスンの時は緊張して
話しが聞き取れないコトが多かったんですが、
今回はそんなコトはほとんどありませんでした。

Hazel先生の発音が良かったからと思います。^^

レッスンを受けていくうちに
Hazel先生は発音だけでなく、
とても優れた先生のような気がしてきました。

  • とても心地いい速度で話してくれる
  • 生徒のレベルに合わせ、レッスン内容を変える(多分)
  • こちらの言ってる事を一生懸命理解しようとしてくれる
  • 全体的に明るい雰囲気

と、なんか
ほぼ理想の先生像いってるよな。。

って感じです。

この日、僕が選んだのは、
トライアルAというテキストだったんですが、
これは、あとから「初級者用」と気づいたんですが、
「ま、いいか^^;」と思い、受けてみました。

そのテキストの通りだと、本当に
ありきたりなレッスンになってしまいそうなトコロを
Hazel先生は、

  • 描写をさせてくれたり
  • 文章を作る課題を与えたり
  • 経験を話させたり
  • 意見の交換をし合ったり

して、
うまい感じでレッスンを進めてくれました。

。。ただ、日々新としては、
久々のレッスンだったので、
やっぱり言葉が出づらかったですね。。

聴いたり理解したりというのは
できるけど、ちょっと込み入った事を
伝えようとすると、

「どう言ったらいいんだ?」

って、ちょっと たどたどしく
なってしまう。。

やっぱり英会話を「話す」レッスンは
継続しないと落ちていく能力がある、と
痛感しました。^^;

それでも、Hazel先生は、

「どんなコースを希望しているの?」

と聞かれて、

「日常英会話です。」

と答えると、

「それなら、B1から始めたらいいよ。」

と教えてくれました。

このB1、後から調べてみたら。。

★なんと「中級」だったんです!^^

バーチャル英会話教室では、
「入門レベル」の烙印を押され、
悔しい思いをしたのですが、

いきなり、初級・初中級を
すっとばして、中級と認めてもらえたのは
ホントうれしかったです。^^

。。と、こんな感じで久々の
レッスンは無事終了しました。^^

あ、教材についても
補足しておくと、日常英会話の教材は、

  • 今日のフレーズ
  • ダイアログ
  • ボキャブラリー
  • 今日のポイント(フレーズを掘り下げる)
  • 練習(実際に会話を考えていく)

という感じで、若干
テキストが見づらい部分はあるのですが、
しっかりできた教材だと思います。

では、次はトライアルB(中級者用)の
レッスンを受けてみようと思います。^^

⇒(中級者のレッスンを受ける!)に続く