産経オンライン英会話の教材はけっこう充実している

内容量はそこそこ多い!


わりと新しいオンライン英会話なので、
教材・テキスト関連はボチボチなのかな。。

と思っていたんですが、
産経オンライン英会話の教材は
わりと充実しています。


体験レッスンやフリートークを
除くと、

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • TOEIC

と3つのコースが用意されているのですが。。

順に説明していきましょう。

日常英会話


日常英会話では、

  • 初級
  • 初中級
  • 中級
  • 中上級

と4つのレベルに分かれています。

そして、中上級が75レッスン
それ以外は、100レッスンずつ
テキストが用意されています。

合計で375レッスンになるので、
量としては、そこそこ充実している
という感じです。

ちなみに、産経オンラインでは、
各レベルごとに、

  • CEFR
  • 英検
  • TOEIC

で、大体どのくらいの人が
対象になっているか、
というコトが分かるようになっているのも
けっこう親切だなぁ~と思いました。^^

ちなみにCEFRとは、欧米で
採用されている国際的な
コミュニケーション能力の基準です。


(ちなみに日々新は、この前のレッスンで
 「B1から始めれば?」と言われたんですが、
 B1だと「社会生活の話題について理解して、
 簡単に自分の気持ちとその理由について
 話せる」というコトらしい。。)

ビジネス英会話


ビジネス英会話も、「日常」と
ほぼ一緒の構成で、

「初級」~「中上級」までの4レベル、
375レッスンになっています。


こちらも各レベル表記があります。^^

TOEIC


産経オンライン英会話では、
TOEICは、市販のテキストを
購入して学習するスタイルです。

「初級」「中級」「上級」として順に

  • とってもかんたんTOEIC
  • Taking the TOEIC 2
  • TOEIC Analyst

がその教材に選ばれてます。

フリートーク


フリートークに関しては、

  • 本当に自由に話す
  • あるテーマに沿って話す
  • ある記事について話す
  • 用意したソースについて教えてもらう

など、何でもいいと思うのですが、
産経オンラインでは、さらに

▼News in Levels

を使ったレッスンも提案されています。

News in Levelsのホームページ

これは、確かhanasoでも
ありましたね。。^^

語彙のレベル別に同じ内容の記事が
3つ用意されている
というサイトです。

 


これらを使って、
各レベルに合ったディスカッションが
できるという感じです。

正直、他のオンライン英会話と
比較して、ダントツに
教材が豊富だという印象は
ないのですが、

わりと多い方だと思います。

あと、きっちり
学習者のレベルを考慮して
テキストが作られてる
というのが、
評価できるんじゃないかな~
と思います。


。。と、今気付いたんですが、
何かキャンペーンをやっていたようで、
気付いたら、無料お試しレッスンが
もう一つ増えていました!

トライアルレッスンが1つ増えていました

次回はこれを使って、
中級者用の日常英会話のレッスンを
受けてみようと思います。

⇒(3回目のレッスンは「教授」)へ続く


⇒ 【特集記事】300ページ以上オンライン英会話の記事を書いてきた僕の結論