GCATとは?

GCATとは?


産経オンライン英会話では、なんと
独自に開発した認証テストがある?というコトで、
少し調べてみました。。

GCAT
(Global Communication Ability Testの略だそう…)
という名前なのですが。。

TOEICや、TOEFLみたいで
何か格調高い気がします。。^^

公式ページの
説明を読んでいても、
最初の方で、「理念」が
語られていたり、

大学の名誉教授の推薦文が
あったりして

■なんかスゴい認定試験なのかな?

と思ったのですが。。

よくよく読み込んでみると、
オンライン英会話と連動して
習熟度をチェックするための
テスト
のようですね。。

少し、理念が先行しすぎかな。。

って気がしました。^^;

GCATを受けるための条件


。。結局は、
産経オンライン英会話の
アクティブな会員で、
該当のレベルの50%以上
消化している人
が受けることのできる
テストのようです。

そして、なぜだか
分からないのですが、
必ず受講しているレベルの
「レベル1」からクリアしていかないと
イケない決まりになっているみたいですね。。

(どちらも「レベル」という
 表現を使っているので
 ややこしいんですが、

 受講しているレッスンが
 レベル「B1」だったとしたら、

 B1-Level 1から順番に
 テストしていかないと
 いけないようです。)

実際のテストの流れ


テストは、オンライン英会話の
レッスンの形式で
25分間で行われる
ようです。

GCAT認定講師という特別な
講師がいて、その人と
テストをする、という感じ。

実際の流れについては、
公式ページ上で、内容が
配布されています。

(多分、一般の人でも
 見れるのでは。。?)

初級の最初の方では、
もう、質問の内容が ほぼ
まる分かり状態なので、^^;

多分、回答する言葉も
考えておけると思うんですが。。^^;

上級に上がっていくにつれて
本当の「会話」っぽく
なっています。。

ただ、流れについては、
事前に分かっている形なので、
完全に出たトコ勝負のテストでは
ない感じです。

テスト結果はどんな感じ?


GCATでは、結果は なんと。。

■「合否」で判定

されるようです。

つまり、合格か不合格か、
判定が下されるというコトですね。。

しかも、合格しないと
次のレベルのテストは受けれない。。

けっこう厳しいですが、
そうやって上がっていくと、
確かな英語力が付いていく気はしますね。。

。。あ、テスト結果としては、
もちろん、5つくらいの評価ポイントに
関する判定もありますし、

語彙や表現に関するコメントも
もらえるようです。

これって結局どういうコト?


。。最初は「??」って
感じだったんですが、
最近、いろいろなトコロから
聞いている情報では、

  • 大学受験
  • 企業が行う英語力判定

において、今後
どんどん こういう
「会話力のテスト」というのが
取り入れられるようになる


という背景があるみたいですね。。

今までは、どちらかと言えば
TOEICみたいに、

  • マークシート
  • リスニング

ができれば、英語を
全然しゃべれなくても、
高得点を叩き出せたテストが
主流だったんですが、

これからは
そうもいかないようですね。。

なので、そういった試験対策に
GCATをぜひ活用下さい、
という感じなのではないでしょうか。。

。。日々新的には、
この流れは、あまり
良くないように感じています。

このサイトでも
たびたび話しているんですが、
「文法を気にすると話せない」
というのは、本当に
初心者の段階ではネックになっていると思います。

しかし、こういう
試験が導入されると、
「正しい文法で話さないと」
当然、得点が下がるわけですよね。。

それを気にしながら話すのは、
苦痛だし、初心者にとっては、
「英会話の楽しさから遠ざけてしまう要因」に
なってしまうような気がしてなりません。

。。ま、日々新自身は、
こういった しがらみを
受けるコトなく、
英会話ができるので、いいんですが。。

なんとなく、
英会話産業 全体が
「新たな目的」のために
動き出しつつあるのかな。。

という気がします。

⇒(まさかのリタイア?!)へ続く…