芝田社長の教え

芝田社長と日々新


でも、僕はラッキーでした。。

実は、僕はリアル英会話に入る前から
芝田社長と知り合いだったんです。


英会話には関係ないセミナーで
出会ったんですが、名刺交換をしてビックリ!

「オンライン英会話を運営しているんですか?」

「ハイ、そうですよ。。」

ラングリッチの時じゃないですが、
 またここで「運命の出会い」があった
 ワケです。。^^)

その後はすっかり意気投合して、
いろいろと話しを聞かせてもらいました。

  • 自身がオンライン英会話で英語を習得している
  • 既存のネット英会話に欠けているモノを提供している

(こんな話し、聞いたことないヨ。。)

ということで、その日のうちに、
「リアル英会話に入会させてもらいます!」
ってことで入ることになりました。

これが、きっかけですね。。

なので、芝田社長からは
いろいろと、壁にぶち当たった時に
アドバイスをもらえてます。

今日の管理人があるのも、
芝田社長の支えがあってのことと思います。

(芝田社長の教えは、後に⇒対談をさせてもらい、
 このサイトにいくつかを収録しています。

 メチャためになると思うので、
 興味のある人は、ぜひ見てください。)


芝田さんからのアドバイス


。。と、話しを戻しますが、^^;
初めてのリアル英会話でのマンツーマンレッスンのあと、
芝田社長は、
ボロボロになった僕にアドバイスをしてくれました。

「とっさに英語が出てこないのは、日本人の共通点です。

 気にしないでください。

 私のオンライン英会話では、そこが最大の問題点と
 思っていて、英文を瞬時に生成することを
 最大の目的にしています。


(おお、そうなんだ~)

「自分の頭で自分の意見を生成し、それを相手に伝え、
 また相手の反応によって、新たな意見や感想を述べる。。

 いつも私たちが日本語で何気なくやっていることを
 英語でできるようにすることです。」

(なるほど~。。確かにそう言われてみれば、そうかも。)

「何度も何度も その練習をしていると、
 できるようになります。

 というか、その練習抜きで英会話を話せるようには
 ならないというのが私の見解です。


う~~ん。。

当時の管理人はいかにシステマチックに
英会話の学習をするのか、ということを
考えていて、あくまでも ある段階までは
オンライン英会話というのは「サイド」であるべきだ。。

と思っていたんですが。。^^;

ある意味、カルチャーショックでした。。

でも、確かにしゃべれない自分がいる。。^^;

この「瞬時に英文をヒネり出す」という考えは、
僕の中に残り続け、英会話の上達を
加速してくれるカギになったと、
今では思っています。

⇒(リアル英会話の講師の感想)へ続く

⇒ 【特集記事】300ページ以上オンライン英会話の記事を書いてきた僕の結論