初のレッスンは。。

いきなり思い立って、予約してみる。


ちょっと、タイミングを逃して2日ほど
経ってしまったんですが、
レアジョブの予約してみるコトにしました。

とはいえ、今は朝の4時半。。

(日々新はいつも4時に起きています。^^)

今から今日の6時枠が取れるのかな。。

と思ってユーザーページで検索してみると、

■5名が予約可能

でした。

。。なるほど、朝の6時だとフィリピンでは
朝の5時。。

いきなり、朝に予約を入れたら、
その人ってどうやってそれを知るんだろう。。

(レアジョブは自宅とつながりますんで。。)

と思っていたんですが。。

オンライン状態になっている人は予約が
取れるという感じですかね。。

(ちなみに5時30分頃にもう一度検索してみたら、
 30名ほどに増えていました。)

とりあえず、5人の中で、
一番、講師歴が長い人(2年2ヶ月)を
選択して予約を入れました。

「どんなレッスンになるのかなぁ。。」

と楽しみに待っていたんですが。。

また、ドタキャン?


時間になっても、先生からの連絡がありません。。><

マイページにまた行って、
「講師にコールする」のボタンをクリック!

講師にコールするをクリックしました。


。。「応答しません」って、前にも別のオンライン英会話で
こんなのあったよな。。^^;

と思いつつ、仕方がないので、
「不具合が発生した時はこちら」のボタンから

「講師からコールが来ない」を選択して送信。。

した瞬間にかかって来ました!

なんか、キツい。。^^;


しまった!と思って気が動転してしまい、

「今さっき、本部に『コールが来ない』って
 連絡入れてしまった。。ごめんネ。。」

って、言おうとしたんですが、
英語が出てこない。。><

なんとか、カタコトの英語で事情を伝えて、
「レッスンが終わったら、ちゃんとレッスンできました、
 って再度メールしておきます。。」
と、納得してもらって、レッスン開始。。

。。なんだけど、なんか様子が変。。

体験用のレッスンは、最初に
穴埋めのような形で自己紹介ができるように
なっているんだけど、

まず、自己紹介した後に、
もう一度、穴埋めをしながら自己紹介するという
なんか、ワケの分からない二度手間になっている。。

「この先生、テキストの流れを分かってないんじゃ。。」

スカイプのプロフィール画像も、
2ショット写真になっていて、後ろから
恋人にハグされているような写真。。

しかも、極めつけは、
真ん中に「I AM A WOMAN IN LOVE」と
書かれています。^^;

フリーダムな感じだな。。^^;

「口説かないでネ♪」

という感じでしょうか。。

美人じゃないだけにキツい。。^^;

(すいません、久々に毒を吐きました。。)

これ、絶対違うぞ!


僕がやったのは、無料お試し用のテキストなんですが、
途中で選択肢があって、
2種類のコースから選べるようになっています。

つまり、まったく英語が初めての人はこっち、
ちょっとはできる人はこっち、みたいな感じです。

さすがに、「ちょっとはできる人」の方を
選んだんですが。。

「じゃあ、このPDFを見て下さい。」

と、何を血迷ったか、各コースの説明を
始めました。。

僕も、最初は何がやりたいのか、
よく分からなかったんですが。。

20分に近づいたあたりで、
「。。あ、今日は説明で終わりだな。。」
って、悟りました。

(いや、っていうか、レッスンしようよ。。^^;)

と呆れるしかありませんでした。

さすがに、もう止める気力もなく、
中途半端に聴きながら、

「I see... I see...」

とテキトーに相槌ちを打っていました。

。。と、時間が来て、終了。

「また、次も私でお願いね。。」

みたいなコトを言ってきたので、

「Yes, I will! Thank you!」

と言って、スカイプを切りました。

初レッスンを終えて。。


。。ま、終わってみれば、
発音はそこそこキレイで、
聞き取りやすい先生でした。

(意外だったんですが、音声も
 良好でした。

 ビデオ通話じゃなくて、
 音声同士の通話だったんですが。。)

ただ、多分、体験用のレッスンの流れというのを
分かっていなかっただけだと思います。

(おそらくですが、
 昔は、僕が受けたレッスンのように
 1回目は各コースの説明などを
 していたんだと思います。)

しばらくして、マイページを見てみると、
講師からのコメントが来ていました。

。。なんか、それらしいコメントが書かれていました。

しかし、レアジョブには生徒が講師を評価する
システムはありません。

(追記:これは、間違いでした。。^^;
 有料会員になると、評価できます。すいません。。)

ここら辺からも、自宅講師との契約では、
講師の管理に限界がある、というのが
見えたような気がしました。

ただ、個人的にレッスンのメモを残しておける
ようになってます。

Never.

とだけ、書いておきました。

初めてのレッスンで分かったコト


レアジョブの初レッスンで分かったコトは、

■講師の選定は、こちら側の責任でしないといけない

ということです。

レアジョブの利点というのは、

  • 誰もが始めやすく
  • 分かりやすい教材で
  • たくさんの講師を選べる

仕組みを提供してくれているというトコロです。

おそらく、講師についても
教え方のマニュアルなどは配布していると
思いますが、そこから先は
各講師の力量次第
、という感じになって
しまっているのでしょう。

ただ、そこさえクリアしたら、
本当にいい環境のように思います。

これだけ多くの講師がいたら
恐らく質の高い先生も
いっぱい いると思いますし。。

なので、

■良い講師探し

が必要なワケですね。。

次からは、講師の選定をしっかりして、
レッスンを受けていこうと心に決めた
日々新でした。。

⇒(良い講師の探し方とは?)に続く