QQEnglishでキャンセルが。。

日本人スタッフのサポートが良い!


そんなこんなでレベルチェックも終わり、
また日本人スタッフからのコール。。。

ここでは、

  • 各コースについての説明
  • 予約の仕方
  • 困ったことが起こった場合

についての説明がありました。

「何か希望のコースがありますか?」

とまず聞かれた時に

「あ、カランメソッドを受けたいと思って
 体験しました。」

と言ったんですが、一応ひと通りの
コースの説明を受けました。

QQ English独自のメソッドもあるようで、
やっぱり、自社のメソッドを開発しているのであれば、
そっちも受講してほしいのは、当然ですね。。


。。ともあれ、こうやって、
日本人のスタッフが丁寧に説明してくれるのって、
初めての人には親切なサービスだなぁ。。って思いました。

さらには、フィリピン講師のいるオフィスのフロアにも
常駐の日本人スタッフが待機していて、
何かあったら、連絡できるようです。。

こういったサービスを聞くと

「ああ、QQ Englishはしっかりしてるな~」

って、素直な僕ならそう思ってしまいますね。^^

⇒ QQ Englishの公式サイトへ行く

QQ Englishでまさかのドタキャン!


って、思ったのも つかの間なんですが。。。

まさかの無料体験中にドタキャンされました。^^;

。。ドタキャンっていうか、音信不通ですね。。

土曜の朝6時に予約を入れていたんですが、
6時になっても連絡が来ず。。。

5分過ぎたので、さすがに、
「教師からのSkypeが来ない時にこちらをクリック」
を発動!したのですが。。

QQ Englishのドタキャン用ボタン

「応答しませんでした」

と表示されました。

この前聞いていた、現地のサポートもオフライン。。

「こうなったら、どうしようもないな~^^;」

ということで、とりあえず「お問い合わせ」に
何があったかを書いて送っておきました。

。。ま、朝6時といえばフィリピンでは朝の5時。。

大変なのは分かるんですけど。。

キャンセルについての詳細情報


。。で、QQEnglishのキャンセルについて
ちょっと よくある質問なんかで、調べてみました。

少し、内容はややこしくなっていて、
まず、基本は「代替講師」を用意して、
そのまま、普通にレッスン消費になるようです。

(この後の体験談で、
 ポイントが返ってきたという話しをしましたが、
 どうやら規約が変わったようです。)

ちなみに、この代替講師は
あらかじめ、「ポイントを返却する」の
オプションを設定しておくコトで、
お願いしないことも可能です。

ただ、この代替講師もつねに
用意できるとは限らず、
そういった場合はキャンセル、
ポイントの返還になります。

このポイントの返還については、
ドタキャンについては
特典(?)が用意されていて

  • 12時間前以上:なし
  • 1時間前~12時間前:ポイントの50%
  • 1時間を切るキャンセル:ポイントの100%

をプラスしてもらえるようです。

他のオンライン英会話でも、
あまり こういう制度があるトコロは
ないのでは。。と思うので、
ユーザーに親切なサービスと言えるでしょう。。

ちなみに、生徒都合のキャンセルに
ついては、12時間前までは、
全額ポイントが返還されますが、
それより短い時間になると、
時間に応じたキャンセル料がかかってくるようです。

また、一部のコースで利用されている
「チケット」というモノについては、
3時間前までは、返還、
それを切ってしまうと失効してしまう
ようなので、注意して下さいね。。

結局、連絡待ちに。。


。。ま、この時点では、
日々新は「無料体験中」の身なので、
もちろん、特典付きのポイントの返却は
ないとは思うんですが、
連絡が来ないコトには
どうしようもないので、指示待ち、
という形になりました。

ラングリッチも1ヶ月やって1日だけドタキャンは
あったんですが、QQEnglishは、
圧倒的に講師の待機数に違いがありますね。。

(しかも、ラングリッチの場合は、
 2交代制のようにしてるみたいで、朝一番の講師は
 前の晩もやっていることがほとんど)

今の時点ではちょっと確定ではないですが、
QQ Englishは朝の体制が弱そうですね。。^^;

(特に土日がそうなのかもしれません。。)

。。結局その日は、土曜日だったので、
日本人スタッフが休んでいるからか、
連絡はありませんでした。。

⇒(いよいよカランメソッドのレッスンへ!)に続く

→ QQEnglish体験談の目次に戻る