フレーズとして覚える

反射的に分かるようにする


こちらは、→超重要→やや重要
出てきたモノになるんですが、
とにかく何度も出てくるので、

フレーズとして覚えてしまった方がいいものも
あります。

覚えるというよりは、
聞いたら反射的に意味が分かるくらいまで
落とし込んでおいた方がいいですね。


何度も口に出して、
「自然としゃべれるようにする」のが
近道だと思います。

(僕は、リスニングのコツは、
 しゃべることだと思ってます。

 そのフレーズを違和感なく
 しゃべれるようになったら、
 もっと速い速度でも聞き取れるように
 なります。)

体に覚え込ませてしまうフレーズ


  • want to → wanna
  • going to → gonna
  • trying to → tryna
  • give me → gimme
  • have to → hafta
  • have got to → 've gotta → gotta
  • do you → dju
  • it's → ts(ちっちゃい「ツ」にしか聞こえない)
  • don't know → dono
  • one of the → ono' the[ワノゥダ](「ダ」はちっちゃい)
  • because → 'cus
  • little → li'le
  • what are you(what do you) → whaddaya(whatcha)

最後のwhaddaya(whatcha)は、
どちらの読み方でも、どちらの意味にもなります。

。。まだまだ あるような気がするのですが、
最低でも これくらいを体にたたき込んでおけば、
大分、聞き取りもしやすくなるハズです。

ぜひ、参考にしてくださいね。。

さて、次は今までのコツでは
説明できない例外的な発音について
お話ししていきます。

⇒ 例外的な発音について