2回目のレッスン

レッスンリクエストがhanasoにもある


レアジョブとhanaso、どちらが先にやり始めたのか
分かりませんが、レッスンリクエストが
hanasoにもあります。

hanasoのレッスンリクエストは、
どちらかといえば、固定のリクエストで、
1回登録しておいたら、毎回先生が
その内容でレッスンしてくれる感じです。

こんな風になってます。

hanasoのレッスンリクエスト画面

「とりあえず、前回はほとんどレッスンが
 進まなかったので、レッスンを進める形に
 しよう。。」

と思い、上のような形で登録しておきました。

フレンドリーなairi先生


2回目の無料お試しの先生は、
Airi先生に決めました。

日本にも1年住んだことがあるらしく、
日本語も話せるそうです。。

。。と、コールがかかりました。。

前回は音声でしたが、
今回はビデオ通話でした。

音質は、中の下といった感じでしょうか。。

たま~に断線して会話が聞きづらい時が
ありました。

でも、おおむね許容範囲。。

だいぶ、自己紹介にも慣れてきたせいか、
最近、

「他のスクールでも習ったコトがあるの?」

と聞かれるコトが多くなってきました。

Airi先生も、とてもフレンドリーな感じで、
しかも、ちょうどよいスピードなので、
聞き取りやすく、会話もしやすかったです。

話しの流れで、調子に乗って
このサイトを教えてしまいました。^^;

ただ、後で後悔したのですが、

「日本語が分かるのなら読み込まれたら
 どうしよう。。^^;」

って、ちょっと気になりました。

あくまでも
潜入体験なので、このサイトのURLを
教えるのは、今後控えようと思います。

そして、Airi先生の悪口はここでは話しません。^^


hanasoメソッドの流れ


で、ある程度、自己紹介が終わったのち、

「hanasoメソッドをしますか?
 それとも、フリートークをこのまま続けましょうか?」

と聞かれたので、

「hanasoメソッドをしたいです。」

と答えました。

hanasoメソッドは、英会話の「肝」になるような
フレーズをいろいろな形で、くりかえすことで、
自然に口から出るようにトレーニングしていく。。

って感じのようです。

なので、講師にしてみると、
ちょっと退屈なレッスンになってしまうのかも
しれませんね。。

ただ、フリートークだけで終わってしまっては
「潜入体験」の意味がない。。^^;

少し単調な気もするこのレッスンを
マジメにくりかえしました。。

流れとしては、日本語の説明部分は
黙読で読み、
実際に英語で声に出して読むパートは
先生と対話形式にしたり、自分で全部読んだり。。
という感じです。

3つくらいの「重要フレーズ」が入った文を
応用しながら、ひたすら くりかえしていきます。

いや、でも、案外こういう部分から
先生と話しながら、やっていくというのが、
1番スムーズに英語に入っていける方法なのかな。。

とも思います。

特に初めてのオンライン英会話という人は、
最初は、何気なく先生が言ってくる言葉の方が
聞き取れない。。って状況ですので。。

そういう意味では、このhanasoメソッドは
英会話の初心者には悪くない、と思いました。。

。。という感じで、

今日は、やっと1つのUnitを終えるコトが
できて、次のUnitの最初の部分で
終わり、になりました。

こんな感じで1ヶ月、進めるトコロまで
ガンガン進んでみたいと思います。

→(hanasoメソッド&有料会員登録)へ続く

⇒ 【特集記事】300ページ以上オンライン英会話の記事を書いてきた僕の結論