なぜフィリピンの講師が多い?


なぜ安いのか?理由は「公用語 + 物価が安い」から


オンライン英会話の宣伝を見ていると、
こっちでも、あっちでもフィリピンと。。。

かなりの数のスクールがフィリピン人の講師を
メインに採用
しています。

僕の紹介するサービスでも8割くらいが
そういったモノになってしまってます。

まず、理由を簡単にお伝えすると

  • 英語が公用語である
  • 物価が安い

この2点が強力な理由になります。

フィリピンと英語の密接な関係。。


まず、フィリピンでは英語は公用語として
普通に話されています。


授業でも普通に使われているレベルなので、
たいていの人は、洋画などを字幕なしで
余裕で観れます。

(うらやましいですよね。。^^;)

アメリカの政策から そうなったのですが、
最近は少し英語力が弱くなりつつある
傾向があるようです。

しかしながら、理系の大学生とかになると、
ネイティブも舌を巻くほどの人がゴロゴロいます。

ネットの英会話スクールでは、
こういう人材を引っ張ってきています。

人件費が安い!ので、料金も安くできる


さらにネット英会話の運営者が「おいしい」と思ってるのは
その「人件費の安さ」です。

日本人と比べても平均だと10分の1以下の
賃金格差があります。

なので とんでもない安い給料で
「英語を話せる」フィリピン人講師を雇えるという
わけです。


このメリットは全世界的に見てもそうなので、

  • 韓国(こちらも英語のニーズが高い)
  • 中国(人口がケタ違い)

のオンライン英会話スクールも
ガンガン増えてきてます。

。。という事情でフィリピンでは、
おそらく何万人という単位で英会話の講師が
誕生し「ひとつの産業」とも言えるほどに
なってきています。

(あと、もうひとつの産業として、
 コールセンターの仕事もあります。

 たとえばアメリカで電化製品を買って
 「お問い合わせ」に電話をかけると
 フィリピンのコールセンターにつながる。。
 という形です。

 こちらも人件費が安くなるので、
 かなり産業として発展していってます。)

フィリピン講師の意外なメリット


これは、リアル英会話の芝田社長との対談の中の
フィリピンの講師から教えてもらうコトのメリット
で教えてもらったコトなんですが、

■フィリピン人の話す英語は聞き取りやすい

という隠れたメリットはあると思います。

実際、日々新も体験してみて
実感しています。^^

というのも、フィリピン人は
別に母国語というのが存在していて、
第2言語として、英語を身に付けるという
背景から、母国語として英語を
身に付けた人と違い、

  • 音の消失・省略
  • リエゾン

なんかが、割りと少ないんですね。。

あと、強烈な「訛り」というのもないです。

なので、ネイティブが猛スピードで
話す英会話に比べると、
比較的 聞き取りやすいとは思います。

よく、2chなどで、
「フィリピン人から間違った英語を
 学ぶのは良くない」
みたいな書き込みを見たりしますが、
キチンとした選考を通って、
選ばれている講師となると、

ビックリするほど、キレイな英語を話すし、
リエゾンや消失が控えめなので、
聞き取りやすい。。

。。確かに、これはメリットだと思います。^^

逆にフィリピン人のオンライン英会話のデメリットは?


逆に、フィリピン講師から学ぶことの
デメリットというと、、、

やっぱり、文化の違いですかね。。

最近は、IT産業の発展も
進んではきていますが、

基本的には、観光と農業が
ベースになった
「のんびりとした国」という感想です。^^

なので、バリバリのビジネス英語を
フィリピン人講師から学びたいと思うと、

混みいった話しになってくると、
講師自体が、その概念そのものを
理解してない、とか知らないといった
ギャップを感じるコトにもなるかもしれません。

(もちろん、全員がそうだというコトではなく、
 一般論として、です。)

フィリピン人はワガママ?


。。と、これは「こぼれ話」的な
モノなのですが。。

懇意にさせてもらっている
リアル英会話の芝田社長と
話していると。。

たまにスイッチが入ると
「講師」への愚痴が止まらなく
コトがあります。^^;

一般的にフィリピン人って。。

  • 自分勝手
  • 精神年齢が低い
  • 扱いが難しい
  • すぐに仕事を辞める

こんな感じなのかな。。
と芝田社長の愚痴を聞いていると
思います。^^;

なので、同じフィリピン系の
オンライン英会話にしても、

  • 講師の教育や賞罰制度がきっちりしてるトコロ
  • わりと野放しにしてるスクール

では、講師の質のバラつきに
大きな差が出てくる
と思います。

もちろん、全員が悪い講師のスクール
とかは、存在しないのですが、
あくまでも、「バラつき」です。

なので、フィリピン運営のオンライン英会話を
受講するなら、

「良い先生を見極めて
 その先生とだけレッスンを受ける」


という形に持っていく姿勢が
どうしても必要になってくると思いますよ。。

厳選!オススメのフィリピン系オンライン英会話はココ!


それでは、あえて「フィリピン」という
切り口にこだわった、
日々新の厳選オンライン英会話を
紹介しておきます。^^

まずは、hanaso。



先ほど触れた
「教育が しっかりしてる」トコが
良いというのを、ふまえたイチオシです。

先生の裁量に左右されがちな
フィリピンのオンライン英会話で、

「メソッドによる教え方」で、
わりと初心者でもオンライン英会話に
なじみやすい印象を持ちました。

あと、真面目な先生も
多かったと思います。^^

⇒ hanasoのメソッドを見てみる

次に、レアジョブ。



知ってる人も多いと思いますが、
フィリピンのオンライン英会話を
メジャーな存在に押し上げた
まさに「ザ・フィリピン」って感じの
スクールです。^^

。。正直、教育体系が
しっかりしてる、、とは
お世辞にも言えない感じ
なのですが、、

「もともと頭のいい人を
 たくさん採用してる」という
印象です。

なので、発音のキレイな人も
多いように思います。

ただ、自分に合う先生を
しっかり探す必要はあると思いますが。。

⇒ 数が多い!レアジョブのフィリピン講師たちをチェックしてみる

そして、最後は、ちょっと
番外編、、DMM英会話。



こちらは、フィリピン講師も
たくさん いるのですが、
その他の国の先生も たくさんいます!

「フィリピンなまり」がどうのこうの。。
というのであれば、DMM英会話で
いろんな国の講師からレッスンを
受ければいい、と思います。^^

そして、先生の数自体も
日々新の紹介している
オンライン英会話の中では、
圧倒的に多いので、
いい先生を見つけやすいと
思いますよ。。

⇒ DMM英会話の 圧倒的に多い講師たちを見てみる

 


。。と、ここまでが「なぜフィリピン人?」という
お話しでした。。

次は、しのぎを削っているフィリピン英会話の
「相場」的なモノ、つまり
「だいたい こんな価格でこんなサービスですよ~」
という部分について、お話ししていきます。

⇒ フィリピン系オンライン英会話の相場について

⇒ 日々新が体験したオンライン英会話のレビュー一覧