Writingレッスンを体験

ベストティーチャーのWritingレッスンを始める。。


いよいよ、ベストティーチャーの無料体験レッスン、
スタートです。

まず、最初のステップは、

■Writingレッスン

です。^^

始めるボタンをクリックすると、
一覧でシーンが表示されます。

ベストティーチャーの「シーン一覧」画面

その数、なんと1040。。

(2015年12月21日時点)

大きなカテゴリとして、
「日常(420件)」と「ビジネス(620件)」
があり、

さらに、それぞれに20項目くらいの
カテゴリに分かれています。

「日常」のカテゴリについて、
ザッと見てみたんですが、、、

おもに、
「海外旅行」や「ホームステイ」、「留学」などを
想定したシーンが多く入っている感じですね。

あと、
「英文法」「発音練習動画」
「自由トピック」「英語日記添削」
「写真描画問題」
などの特殊な
リクエストも、一応

「シーンを選択する」

という形で進められるようで、
この「日常」カテゴリに入っています。

日々新、シーンを選択する!


。。とはいえ、日々新は、

  1. 旅行も。。
  2. 留学も。。
  3. ホームステイも。。

予定は ありません。^^;

そんな人にも、分かりやすく
「オススメのシーン」というのが
トップに表示されるのですが、
イマイチいいのがない。。^^;

とりあえず、あたりさわりのない
雑談っぽいのがいいな。。

と思いながら探していると。。

「自己紹介」のカテゴリに
わりと多くあるような感じでした。

ひとつひとつ
見ていって。。。

「うん、これだな。」

とりあえず、選んだのは

「天気について話してみよう」

です。^^

天気の話題って、
ありとあらゆる会話で
持ち出すコトができるので、
汎用性が高い、と思ったからです。

。。で、早速「レッスン開始」ボタンを
押すと。。

レッスン画面になります。

右上の吹き出しには、

「How is the weather today?」

と書かれていて、
それに対する返答を書いていく流れですね。

ライティングを支援してくれるシステム


。。で、返事を
書いていくワケですが。。

ルールとしては、
「350文字以内」という制限が
あるようですね。。

これは、テキストボックスで
一文字打つごとにどんどん
表示されていくので、
簡単に分かります。^^

あと、返答を打っていると。。

どうやら、「不完全な単語」は
黄色にハイライトされるみたいです。

なので、入力途中の単語は
黄色になります。

。。で、さらに
文章を考えるのを手助け
してくれるツールもあります。

1.Weblio辞典

入力ボックスの近くにあり、
すぐに開くコトができます。

英和・和英の辞書ですね。。

日々新も愛用してます。^^

2.単語

選んだシーンに関連する
単語がピックアップして
表示されてます。

超簡単な単語は
省略されている感じですね。。

3.フレーズ

これもまた、
シーンに関する
よく使われるフレーズが
表示されます。

フレーズというか、
完全な「文の形」で
こういう表現をすればいいですよ。。
と教えてくれている感じです。

4.みんなの英会話

他の人が入力した
文を見るコトができます。

先生の文も生徒の文も
見ることができますが。。

これは、生徒の文は
「添削された後の文」
みたいですね。。

(当たり前か。。^^;)

ちなみに「詳細をみる」を
クリックすると、
先生が吹き込んだ音声まで
聴くことができます。


ひとりの人の会話しか
見れないですが。。

けっこう参考になります。^^

天気の話題はマズかったか。。


。。でも、よくよく考えてみると
「天気の話題」って微妙かな。。

と思いました。

ベストティーチャーの理念が
「自分のコトに関する英文を作る」
だったんですが、
天気は、普通に天気の
話しになってしまうし。。^^;

。。というコトで、

「最近、ずっと寒いです。
 僕は寒いのが嫌いです。」

と、付け足して、
一応「自己主張」してみました。^^

。。で、送信。。

「30分~6時間で
 講師から返信があります。」


とのコト。

返信が楽しみですね。。^^

並行して3つまでWritingレッスンが可能


。。と、
送信した直後のメッセージに

「3つまで、同時に進めれるので
 次のレッスンも進めましょう。」


というアナウンスが。。

。。てか、無料お試しで
3つもレッスンできるの?

。。と思い、
調べてみると、

■Writingレッスンまでは3レッスンまで
 無料期間でも可能


みたいです。。

その後の段階、
「添削してもらって、音声にしてもらう」
のは、有料会員になった後に
なるようです。

(もちろん、1つのWritingレッスンは
 無料期間でも進みますよ。。)

。。ただし、
日々新的には、次の日は
月に1回の子供と会う日だったので。。

「3レッスンもぶち込んで
 返信がいっぱい来たら面倒だな。。」

と思い、1レッスンで
止めておきました。

返信が遅いです。。^^;


。。で、翌日。

朝、起きて確認してみたのですが。。

まだ、返信がきてない。。

結局、8時半まで
何度かチェックしてみたんですが、
来てませんでした。。

昨日の7時前に
送信したんで、
13時間半か。。

。。遅いな。。

と思いつつ、
子供と会うために
実家に行きました。

結局、後から確認してみると、
その日の8:51に返信がきていた
ようです。。

(ほぼ、14時間。。^^;)

ちなみに、登録した
メールアドレスにも
返信があったことを
知らせるメールがきます。

開けてみると。。

共感してくれたようですね。。

「春と秋が好きです。」
って書いてありました。

「僕もそうです。
 僕は特に春が好きです。
 なぜなら
 もうしばらく寒い思いは
 しなくて済むので。。」

と書いて返信しました。^^

本来ならじっくり考えて書くべきなのか。。


このWritingレッスンは、
その後の「添削・音声録音」、
そして「スカイプレッスン」に
続く、いわば「テキスト」のような
モノなので、もう少し
じっくり考えて書いた方がいいのかな。。

とも、思ったんですが、

ほとんど、直感で
書いて返信することにしました。

。。ま、
書いていると、
あまりに露骨な文法の間違い
とかは、ちょっと調べたりしましたが。。

「あまりにも
 普段の英会話では
 絶対 使わないような
 複雑なフレーズ満載では、
 逆に『自分の文章』に
 ならないのでは?」


と思ったからです。

。。ま、あと
単に面倒だというのも
ありますが。。^^;

。。いやぁ~、、
けっこう待たされるんですよね。。

混んでいるんでしょうか。。

ま、夜に送れば
次の日の朝にくるので、
問題ないと言えば
問題ないのですが。。

少なくとも、
6時間以内に来たことは
一度もなかった
ように思います。

毎回、返信の人は変わるみたい。。


。。あと、気になったのが、
毎回、返信の人が変わるようですね。。

メールに、

「○○先生から
 返信がありました。」


と出るので、分かるのですが。。

今回は、なにせ
「天気」の話題だったので、

  1. 花が好きという先生もいれば、
  2. 環境問題について、突っ込まれたり
  3. かと思えば突然「ヨーロッパはメチャ寒いよ~」って話題になったり。。

ちょっと支離滅裂な
テキストになったような気がします。^^;

グループチャットに
近い感じ。。

。。ま、これは
シーンの選択をミスったからだと
思います。

1回目のWritingレッスン終了!


ちなみに、
返信は「5回まで」できます。

少し、まとまりがないですが。。

「自分のテキストが完成しました!」

最初の返信は、
僕が返事を返すのが1日半くらい
かかりましたが、、
その後は、わりと
スムーズに返したつもりなんですが。。

土曜の19時前に始めて、
火曜の18時前に完了した感じですね。。

。。あ、
完成じゃなくて、
添削してもらうんですね。。

これから。。

ちなみに、この後は、

「添削と、テキストを
 読み上げた音声が
 届く」という形です。


。。また、時間がかかるんだろうか。。

ってちょっと心配。。^^;

⇒(添削&音声が届く!)へ続く